ひゅうまねっとの支援先

数ある援助先の中でも主な物についてご紹介

医療開発のための援助

Humanetは、2001年にMartin Wienbeck教授(1936年 - 2005年)によって創設されたStiftung Wienbeck for Medical Developmentを、特に世界の医学的に恵まれない地域で初めて支援します。彼女は現在アフガニスタンで働いており、そこで医師を訓練し、医療機器を供給しています。財団のウェブサイト:Foundation.Wienbeck.net画像:医療開発のための©Stiftung Wienbeck \リンク:女性医師は財団によって訓練されました。右:デュッセルドルフ出身の技術者、ホフマン氏がカブールにワークショップを開き、内視鏡の修理を教えました。

学校建設プロジェクト (ベニン)

学校建設プロジェクト (ベニン)

西アフリカの開発援助地元の人たちと協力して、風土に合ったやさしい学校づくりをしている當田アストリット氏の、一連学校開発。西アフリカの村の子供たちに早期教育を提供する仕組みを提供するプロジェクト。村民が積極的にかつ無償で学校建設に参加することになるため、村民は感謝する義務から逃れることができ、学校は村民が誇りとする村の精神的財産となる。このような自助プロジェクトへの支援は自発的なイニシアティブを促進します。つまり支援は希望を与えますが、主導権を握ることはありません。また支援は村を依存させることはなく、自意識と自尊心を高めることになります。引用:アストリットさんのホームページ より

車いす寄付(ベトナム)

ベルリン在住のベトナム人であるVan-Kha Nguyen氏は、2000年にベトナムの友人と共に、
ベトナムの障害者に人道的援助を提供するプロジェクトを立ち上げました。
ベトナムの友人がこのプロジェクトについてHumanetのメンバーと話をし、クラブはそれを引き受けました。
それ以来、Humanetはこのプロジェクトへの毎年の寄付を通じてベトナムの障害者を支援しています。